Archive for 10月 21st, 2008

ゲソ揚げと小松菜の和え物

Imgp1573
今日は1パック130円のイカゲソに片栗粉をまぶして揚げたものに、小松菜を茹でたものを、ポン酢梅味で合えました。(料理の名前がわからない・・・)
あとは奈良の両親宅でもらってきた、里芋の煮付けと茄子の味噌いためです。
うーーん、、自分で作ったものが1品しかないと、やはり食卓が淋しい・・・・
デザートはまだ食べてませんが、旦那様が大福を買ってきました。
今日は昼ご飯に菓子パンを2個食べてしまったうえに揚げ物に大福なので、カロリーとりすぎです。。でもたまにはこんな日もあっていいかなーと思っています。
食事制限なしで、毎日の運動量(といってもウォーキングだけですが)を少しずつ増やして(1日2時間歩くのが最終目標!)、カロリー消費を増やそうとしています。
ウォーキングは、先日1時間歩いたら、今の体力では疲れすぎてしまったので、今日は40分だけ歩きました。
最終的には、片道1時間で、ときどき行っている古本屋(コミック中心に安く量販している感じの)まで到達できたらいいな~@と思っているのですが、それはちょっと無理かな??
付記:
下段の日記に添付しわすれました。
セキセイインコの嘴は、あくびしたときに垂直に持ち上がるのですよーーーーーコワイ!!
096
「ウィーーーーン カシャ」
(いつになく目が笑ってるし・・・・)





Photo_3

にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
足跡代わりにクリック願います♪

セキセイインコを飼い始めて

セキセイインコを飼い始めた第1日目は、大変でした・・・・
その日は、私の鬱がひどくて1日布団で横になっていたので、淋しくないようにと、モッツァレラをいれた虫籠を枕元に置いておいたのですが・・・
その虫籠のなかで、暴れる、暴れる。
今から思えば、自由に放鳥されておけばよかったのでした。
まだ雛だからと、保温の為に、1日中虫籠にいれていましたが、もうそこまでの保温が必要な時期ではなかったようです。
どうしても虫籠に閉じ込めておきたいときには、人間がいない部屋で静かにさせておいた方が、落ち着くようです。
私の枕元で、暴れるわ鋭い声で泣き叫ぶわで、どうしたらよいかわからなくて、1日目は途方に暮れていました^^;)
高いところにいると落ち着くようだ、というのも、2~3日目になって、やっと気づきました。
初めのうちは、虫籠から出すと、部屋中飛び回ったすえに、人間の手の届かない、箪笥の上やエアコンの上に行ってしまって、埃を撒き散らすので、そのたびに追いかけて捕まえたりしていました。。。
高いところにのぼったまま、放っておくと、好きなときに舞い降りてくるようになりました。
のぼっても大丈夫なように、3日目に、高いところの埃も、全部掃除しました。
しかし・・・・・・セキセイインコの、外見的な部分には、馴染むのに1週間くらいかかりました。
外見なんて、ネットやペットショップで見て、わかっていた筈なのですが、いざ実際に触れてみると、実感してくるところが違います。
今まで飼っていて、飼うほどに、優雅で可愛らしく、美しいと思っていたのは、文鳥でした。
文鳥は、こうです。
021
全体に、ちまっとまるまるしていて、そのまるい胴体から尾がすっと伸びていて、これぞ、日本のトリ!(インドネシア原産だけど…)って感じがする。
それに対して、セキセイインコは・・・
031
肩の辺りがいかにもガッチリしていて、筋肉隆々、ガタイのいいオッサンって感じ・・・・それに、文鳥は頭と胴体の区別が見た目あるのに、インコは区別がなくて頸がうまっている・・・・ケンシロウの頸みたいだ・・・・
おまけに、重要なのは、目です。
文鳥の目は、顔に対して比較的大きく、赤いアイリングで強調されていて、アーモンド型の涼しげな目をしています。
対してインコの目って・・・・・・
なんか・・・・・・ロボっぽくないですか????
すごく無機質・・・・
そして極めつけは、挿し餌の食べ方。
文鳥は、雛らしく、カパーとあけた口にヘラを突っ込んでやると一所懸命ングング飲み込んだのに、インコtきたら・・・・

餓鬼道に堕ちたるが如くすさまじい勢いでがっつくがっつく・・・・・
これにはびっくりしました・・・・
嘴が、形状的に、ショベルカーのようになっていて、一気に掬い取るのですね。。。
こんな状態で、初めのうちは、文鳥と比較してガッカリしたりしていたインコですが、1週間も経つと、文鳥以上にものすごく私に懐いてきてくれるのがわかったので、すごく可愛いと思えるようになりました。
今日は、モッツアレラ、1日中私の肩にいました。






Photo_2

にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
足跡代わりにクリック願います♪