Archive for 6月 22nd, 2009

ペインクリニック

今日は、大阪の街内にある、「ペインクリニック」というものに行ってきました。
昨日の日記に書いたように、私はずっと、自律神経失調症?か?と思われる症状が出ていました。
それは、鬱病にかかるよりずっと前、今から12年前の18歳のときからでした。
受験勉強が佳境にはいって、土日も休まず夜遅くまで勉強していたような頃でした。
夏休みに、学校行事で行かなければならない旅行があったのですが、妙に体がだるくて、朝布団から起き上がるのがしんどくて、宿から移動したりするのもつらい感じでした。
そして、そういう状態が、そのあともずっと続いて、自然に治るということはありませんでした。
がんばれば起きられるし、行動もできるので、特に生活に何の問題も起きなかったのですが、毎日すごく気合いをいれてやっと動いている感じでした。
19歳で浪人生をやっていたときに、どうしても気合いがはいらない日があって、初めて予備校を休んで、内科の病院に行ってみました。しかし、検査してもらったけれど、「どこも異常はない」と言われて、治療されることもなく、ビタミン剤を持たされて帰りました。
仕方ないので何も処置せず、翌日から予備校に通い、翌年からは大学生になりましたが、大学に通うのも、単位をとるのに必要な授業や特別興味のある授業にはなんとか出ていましたが、どうしてもだるくて、行かずに済ませられる授業はサボりがちでした。
それでもどうにか勉強などを続けていたのですが、23歳のときについに鬱病を発症して、本格的に伏せるようになりました。
そういう経緯で、今は鬱病が強烈なので、自律神経失調症が、それほど生活を阻害しているか、不明なのですが、もしある程度阻害しているとしたら、それを治すことで、鬱病の治療も進展するかもしれないと思ったのです。

そんな訳で行ってみたクリニックは、雑居ビルの中にあって、入ると、美人の受付さんがなんだか随分堂々と暇そうに雑談してました。
3人くらい待ったあとに、診察室に呼ばれました。
簡単に、自律神経失調症(かもしれない)経緯や、鬱病を患っていることなど伝えて、星状神経に近赤外線を照射する治療を知って、もし有効な可能性が高いならば受けてみたい旨言ってみたら、
「じゃあやってみましょう。」
て、
ぇ??
初めてペインクリニックなる場所にやって来た身としては、、
近赤外線照射という治療がどんな風に神経系に影響を及ぼすのか、それはどの程度自律神経失調症に効く見込みがあるのか、そもそも私は自律神経失調症なのか???!
ということを詳しくきいてみたかったのに・・・・
なんだか、そういう説明はなかったです。
ちょっと不信感ですが、しかし、私の病態は、なにかの検査で数値化して「ここがこれだけ悪い」とわかるものではなく、(先月にも、内科で詳しい検査を受けましたが、やはりなにひとつ異常はない、と言われました)、ただ自分がだるいと感じているだけなので、やってみて「これだけ効果があった」とクリニック側で証明できるものはなにもなく、ともかくやってみないとわからん。ということのようです。
自律神経系によい効果があるのは確かなのですが、それが私のだるさを癒すかどうかは、わからないのです。
「効果が本当に出ているかどうか、どのくらいの期間続けたら判断をつけることができるか?」
と質問したところ、
「2ヶ月」
ということでした。
「完治するものなのか?」
との問いには、
「良い状態が続いて、自分でやめても大丈夫、と思えたらやめていい、でも再発することもあるので、そうしたらまた来ればよい」
とのことでした。
そんな感じで、最低限の疑問に答えてもらったあと、ベッドに横たわって、近赤外線照射というのをされました。
なんというか、どう説明したらいいかわからないですが、デスクランプのアームみたいのの先が触覚みたいになってて、それを鎖骨の付け根に左右、10分ずつあてました。
言われてみれば温かい気もするけど、ほとんどわからないくらい。
そして。
なんだか今回一番すごく謎だったのですが、
照射中の計20分間、看護婦さんがカウンセリングをやってくれました。
そのカウンセリングというのが、
たぶん、私が18歳のときに自律神経失調症になったのは、原因不明になったのではなく、なにか心理上の問題があったからなったのであって、それを解決しないことには、完治できない。
・・・・・と、・・・・・たぶん・・・・・言いたかったのではないかと思うのだけど・・・・・
なんとも説明しがたいのですが、とにかくその看護婦さんの喋り方が、支離滅裂で要領を得ず、何をしたいのかさっぱりわかりませんでした。
しかし、兎に角、毎週私が通ってベッドに横になっているあいだに、毎回カウンセリングをしてくれるそうです。
・・・・・・・・・看護師が何故カウンセリングを。
聞いている限り、専門的にカウンセリングの勉強をしたようには見えないし・・・・・。
治療費には、カウンセリング代が入ってなかったので、別に私が横になっているあいだに自己啓発めいたことを言ってくれていても構わないのですが、のちのち悪影響が出た場合、これって医療ミスとして弁償してくれるのだろうか?
なんだかわからないけど、でもちょっと面白かったです。(←宗教とか好き。)

Photo_2

にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
足跡代わりにクリック願います♪

空耳アワー??!

今朝も3時に目が覚めてしまって、こんな時間に更新です・・・^^;)

ポテコは、籠の外で遊びまわるのも好きですが、籠の中に居るのも好きで、遊びつかれたら自分で戻ってごはん食べたり吐いたり(;)してます。
そして、ご機嫌なときは、止まり木に止まってジュピジュピさえずるのですが・・・・
夕べ聞いていたら
「ポテコさん~♪」
・・・・・・あれ!!!!!??
はっきりじゃないけど・・・・・「ポテコ」て、言った!!!!???
普通のさえずりがそんな風に聞こえただけかな??
でも、更にまた、
「ポテポテコ♪」
嘘???!!!!
ことば、練習してる??????
うーん、いまいちまだはっきり発音してくれなくて、よくわからないのですが、「ポテコ」って名前を、言えるようになりつつあるみたいです!
感激!!
生後半年経っても喋りださないし、私も昼間寝込んでばかりでほとんど話しかけてあげられてなかったので、無理かと思ってました~~~
夫が朝と会社帰りに毎日話しかけてたのを、覚えたみたいですね。
偉いぞ~、ポテコ!
Imgp3769
キョト~ン

夕べの晩御飯は、このレシピで、「うまうまピーマン丼」でした。
Imgp3764
私はいつも、ピーマンを炒めるときって、ピーマンって生でも食べられるものだし、シャキシャキ感を残したくて、少ししか火を通してなかったのですが、このレシピ通りに、15分くらいかけて炒めに炒めたら、なんだか旨みが出た感じがしました@意外と、シャキシャキ感も、なくなってなかったです。ただ、苦味がまるきりなくなっちゃったのは、残念かな。でもおいしかったです。

昨日は、今年初めてクーラーをつけました。
Imgp3762
快適すぎ!!!!
去年は、何故かクーラーをあまり快適だと思ってなくて、(何故だ;)、「つけなくても全然平気じゃ~ん」と思って8月の昼間でも扇風機だけで過ごしていました。
今年はひとりで家に居るときも、クーラーつけちゃいそうです☆(電気代がかかるなぁ;)

にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
足跡代わりにクリック願います♪