Archive for 9月 17th, 2009

鼻から胃カメラ。

入れてきました、鼻から胃カメラ。

以下、そのときの模様をレポートです。

***************

診察室に通されて、先ず、両方の鼻に、プシューッと、スプレーのような麻酔をして(特に味も匂いもなかったので、これは苦痛ではなかった。)、あとからスプレー液が、鼻から流れ出てくるので、拭くようにティッシュを渡され、何故かそのティッシュは、護符のように、検査が終わるまで大事に持っていた・・・・・

それからコップにかなり多めの1杯の無色の液体を渡されて、
「胃の泡をなくす薬なので、飲んでください。」
とのこと。
これも、うす甘いだけで、味も匂いもないんだけど、「飲み物」じゃなく「薬品」だ、という先入観から、なんだか飲み干すのが結構苦痛。。。。

それから肩に注射をした。何の注射だったっけか??麻酔じゃなかったと思う。

 

 

それから、X線室へ通され。
(別にレントゲンを撮る訳じゃなく、ちょうどいい高さの寝台が、ここしかないから、みたい。)

ここからが、鼻胃カメラ本番。

 

先ずは、2回目の麻酔。

 

通りの良いほうの鼻を申告させられたら、(私は、左でやってもらうことにした。)
いきなり、ぶっといチューブが出てくる。
「先ずは胃カメラより細いチューブで麻酔しますね~~~@」
こ、、、この太さで、本番よりまだ細いのかっっ。。。。と思いながら、麻酔液を塗りつけたチューブをぐりゅぐりゅ、とねじ込まれる!!!!!
結構痛いよ。。。。。
そして、鼻の奥の奥をチューブが通っていくときの感触がなんとも・・・・・・筆舌に尽くし難い・・・・・・。
やめてぇぇぇぇぇぇ(涙  って感じ。
たぶん私、めっちゃ顔しかめてたと思う。イノシシとかサイみたいになってたと思う。
平静を装おうと思っていたのに・・・・。

そして、3回目の麻酔。

「胃カメラと同じ太さのチューブで麻酔しますね~~~@」

ど、、、どんだけ太いのか???!!
と思いきや、細いほうとたいして変わらなくて、ちょっとほっとした・・・痛かったけど・・・。

 

そして。

麻酔が効いて来た頃合を見て。

 

「じゃあ、これから胃カメラを入れていきますね~~~~。」

 

・・・・なんか、さっきのチューブより太くない?????

って感じの、先っちょに電球みたいのがついた黒いチューブを、

入れていく!!!入れていく!!!!どこまでも!!!!入れていく!!!!

鼻の奥の、変な感触のところをぐりょぐりょと通り過ぎたら、喉に到達、
「ごっくん、てしてくださいね」
と言われて、ごっくんするものの、同時にえづいてしまふ。。。。。
なかなか入らんけど、先生は無理矢理入れていく!!!入れていくっ!!!!

そして・・・・・
食道に到達したあたりで、なんだか違和感がなくなる。
チューブが鼻から食道に通ってる感じはあるんだけど、戻そう、という、抵抗する感覚がなくなる・・・。

「食道には、潰瘍や癌といったものはないですね~~」

よかった。とりあえず、第一関門突破。

「これが胃の入り口ですね~~~」

皺のない肛門のように、なにか締まっているのが見える。
そして、その締まった穴に、無理矢理チューブを押し込んでいく!

自分の胃の入り口で、痛いような重いような、違和感を感じる。

カメラ、胃に突入。

と、なんだか、昨晩の10時から何も飲食してないのに、海の中にぼちゃっと入ったみたいな光景が。
泡ぶくぶく、液体ざばざば。

「うーーーーーん、」

 

「胃酸過多ですね。」

 

!!!!!あとから説明を聞いたところ、この、胃酸過多が、口角炎の原因である可能性が高いとのこと。
胃痛とかおなかが張るとか、そういう症状、全然自覚無かったけどなーー。

「潰瘍や癌はないですが、胃壁が胃酸で荒れてむくれたり赤くなったりしてますねー・・・」

たぶん、その胃への負担が、口角に顕れたらしい。

 

更に、

「胆汁も胃に逆流してますね。」

十二指腸にある胆汁が胃に入ってきていて、それも胃酸過多のせいらしい。

 

十二指腸も見てもらって、潰瘍とかは、とりあえずなかった。

 

そして・・・・
チューブを抜くとき・・・・・・

なんか・・・・

すっごい鼻水が出きったときみたいで、めちゃめちゃ気持ちいい・・・・・・ ☆
そこだけは、ちょっと良かったですね。

 

 

それで、胃の組織を3箇所採取して、(ピロリ菌とかがわかるらしい)若干血が出ているので、血を止める点滴を15分くらいかけてして、

それで、検査終了ーーーーー !

 

そのあと診察室に呼び出されて説明を聞いて、胃酸過多を抑える薬をもらって帰って、
これで全部で1時間半でした。

 

9440円しました。(高!!)

 

 

しかし・・・・・・
病院に貼ってあったポスターには、
「鼻からの検査を受けた患者さんの95%が、次も鼻から、と希望しています。」
とあったけど・・・・・・

まあ、確かに、口からよりは楽なのかもしれないけれど・・・・・
何度も麻酔されたり、気持ち悪い液体を飲まされたりと、
そしてあのチューブが通っていく気持ち悪さ・・・・・

 

できれば、二度と受けたくないです・・・・・・。

***************

そんな感じでした。
肝心の、胃酸過多の原因が不明なのですが、2ヶ月前からで、生活のなかで変わったことって、特に何も無く、のんびり毎日暮らしていて、ストレスが余計にかかるということもなく・・・・・
考えられるのは、2ヶ月より少し前ですが、
ラキソベロンが5月29日に、
エビリファイが6月24日に、
それぞれ新しく追加となっているので、副作用として、胃酸過多、というのは無いのだけれど、なにがしかの影響で、そうなった可能性はあると思います。
エビリファイは、抗鬱薬で、合っている感じなので、なかなかやめ難いですが、ラキソベロンは、ただの下剤で、前のプルゼニドに戻せばよいだけなので、とりあえずそうしてもらおうと思います。

 
昨日の昼ご飯:菓子パン2個、月餅1個。

昨日のおやつ:栗アイスバー1本、梨1個、ヤクルト1本。

昨日の晩御飯:おじや(米、玉葱、さつま芋、サラダ菜、卵。)

今日の朝ごはん:なし。(胃カメラの為。夫は食べました。)

夕べは1時半に目が覚めて、眠れなくなってしまったので、昨日実家から送ってきた栗を剥いて、朝は栗ご飯にしました。栗の皮を剥くのって、えらい時間がかかりますね・・・。
今日の夕方も、明日の朝の煮物用の栗を12個剥いたのですが、2時間くらいかかったような気がする・・・・。

 

今日の記録:

体重 52.0kg  胸下 75cm  ヘソ周 76cm

 

にほんブログ村 ダイエットブログ 食べるダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ
足跡代わりにクリック願います♪